2008年09月13日

H&M

スウェーデン発のファストファッションブランドH&Mの銀座店がOPENしました。

低価格かつハイセンスの商品を提供し続けるH&M、ヨーロッパの勢いのまま日本に乗り込んできました。
日本上陸に当たって「コムデギャルソン」の川久保玲さんとのコラボはファッション業界の注目を集めています。

日本のユニクロ、アメリカのGAP、スペインのZARA、この勢力図を変化させるのでしょうか?
注目して見ていこうと思います。

2007年度の売上高(付加価値税を含む)は前年比15%増の約921億ウェーデンクローナ(約1兆4940億円 ※2008年9月7日時点のレート1SEK=16.2円で換算)時価総額は約4兆1000億円。

「H&Mの最大の強みは、最新ファッションを素早く低価格で提供すること。ユニクロやZARAと同じSPA型ではあるが、多品種少量生産で商品サイクルの早いZARAと、大量生産でコストパフォーマンスを追求するユニクロの特徴をあわせ持つともいえる。この独自のビジネスモデルを支えているのが、“インスピレーショントリップ”だ。
コレクションは約1年前から企画される。ストックホルムの本社には約100名のデザイナーと60名のパタンナー、約100名のバイヤーが在籍。3人1組で“インスピレーショントリップ”といわれる市場調査を行い、世界中の最新情報に基づいて、シーズンテーマとデザインを決めていく。
商品構成や生産数量を具体的に決めるのは、デザイナー、パタンナー、バイヤーを中心としたコンセプトチームだ。生産は、自社工場ではなく、欧州とアジアを中心に世界中にある約800の契約工場に委託。工場への発注から納品までの期間は生産数量の少ないトレンド商品なら約2〜3週間と、短期間で商品化する生産体制を確立している。
また、店頭で売れた商品は翌日朝、物流センターから新商品とともに入荷される仕組みになっている。これによって売り逃がしがないうえ、常に店頭の売れ行きやトレンドの変化に応じて品揃えを調整しているので売り場はいつも新鮮だ。基本的な品揃えは世界共通だが、各店舗の商圏特性や前シーズンの売れ筋などによって品揃えは若干変えているという。」

日経トレンディネット参照
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080905/1018421/?P=1
H&M
http://www.hm.com/jp/
posted by hayato at 00:00| Comment(2) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

一人称で語る勇気

自分の考えを述べる時、「○○も言っているが」「みんな言っているが」「僕等は」と、一人称で語らないことがあります。
説得力の強化ともいえるでしょう。一方、自分の考えを否定されるのが怖いのかもしれません。

どちらの前提を持ったとしても、語られる言葉は同じです。自分の意見を伝えたいがために補足することはあるでしょう。しかし、その時、否定されるのは怖いから利用しているのかどうかを考えることはとても重要なことだと思います。
怖いと感じ時は、あえて一人称で語ることで見えるものがあるかもしれません。







posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

MAKE IT 21

本日は、MAKE IT 21の講演を友人に誘われ聞きにいきました。
藤巻ジャパンの藤巻さん、ジョヤンテの川崎さんをゲストにショーンKさんのファシリテートのもとスタートしました。
いくつか心に刺さった言葉があります。

「コミュニケーション能力がある人はパワーが溢れている。」
「人脈を作るのにメリット、デメリットで考えるのではない。好きか嫌いかではないのか。」
「過去、「御用聞き」を日本は行っていたが、それこそマーケティングではないのか。現在、CRMと称されているが、日本にはすでにあった。」
「シリコンバレーのアメリカの500社の有望企業の内、ばりばりに固めた事業計画書をつくった企業は5%である。41%の企業はコースターからはじまった。」
「アニマルスピリッツがビジネスを動かす。」

コミュニケーションというテーマの元、日本の過去や、現状、アメリカの事例を交えながら有意義なディスカッションが行われました。
コミュニケーションと体から充ち溢れるエネルギーの関係性、日本が本来持つ良さを再度見直すことの大切さ、自身の考えていたこととのつながりを感じます。
「アニマルスピリッツ」覚悟を決めたものの発言と、決め切れないものの発言では動かせる人の幅も変わってきます。そのことを再認識しました。

最後に、コミュニケーションの5つのポイントを

1. お互いを認め合い、褒めあう
2. さらけ出す、自我を投げ合う
3. 言葉の「意味」を確かめ合う
4. リーダーシップ、フォロワーシップ
5. 信頼を築いてから気持ちを伝えるコミュニケーションを

MAKE IT 21blog
https://www.j-wave.co.jp/blog/makeit/



posted by hayato at 19:32| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

格好つけないこと

この感覚は重要だなと感じます。子供の頃は、わからないことはわからないとしっかり言える。恥をかくなんていう概念は存在しません。
でも、時を重ねるごとに格好つけることを覚えてしまいます。だんだん、自分のブランディングを気にしたりして、恥ずかしいと思える状況を避けてしまいます。
でも、不思議なことに、本人は恥ずかしいと思っていても、周囲はそんなことを思ってなかったりします。そして恥ずかしいという反応も自分が作りあげているのに過ぎないのです。
そのように考えると、貪欲に、子供のようにいつまでも生きれるのかもしれません。









posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

Webtel

韓国の空港でこんなのを発見しました。電話に画面が着いて、キーボードまであります。
非常にユニークだなと感じましたが、使う人が全くいなかったのが若干気になります。
東京に帰ったら調べて見ようと思います。

DSCF0715.JPG








posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

日本人の優遇

リゾート地に行くと、つくづく感じることですが本当に日本人は優遇されます。
お金があると思われている、ビジネス的なかもとしての面も大きいのですが、その分、非常に楽な旅行をすることができます。現地人にとって日本は魅力的な国のようで、興味深く思ってくれ、フィジー人の友達も出来ました。

一方、レストランで日本語メニューを頂いた時は、少しショックでした。もし、僕が日本人でなければ、英語メニューを楽しむことが出来たでしょう。優遇されることは、見方によっは良い面だけではありません。

今後の世界経済の勢力図が変化により、リゾート地に中国人やインド人が増え、日本の優遇対象としての優先順位が下がっていくと旅においても何か変化が生まれるのでしょうか?

興味深く変化を意識していこうと思います。

posted by hayato at 07:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

「7つの習慣」第三の習慣 重要事項を優先する

フィジーの夜はとても過ごしやすいです。日差しが強く、高温な昼とは一転してとても涼しくなります。中でも、星がとてもきれいに見ることが出来、プラネタリウムを実際の現実で体験することが出来ます。心をとても清らかにしてくれます。

第三の習慣の重要事項を優先するから。

「人の問題に関しては、短絡的に能率を考えることは出来ない。人に対しては効果性を考え、物に対しては能率を考えるべきである。」
「スケジュールをそのまま実行できなかったり、あるいは変えたりする必要が生じた時に、罪悪感や自己嫌悪を感じる必要はないということである。」
P241.242

目標を決め、スケジュールを立てて、物事を進めていくがスケジュール通りに事が進むとか限りません。自分のビジョンとし価値観を心と頭の中に深く刻み、自分の期待像と価値観のベクトルを合わせ、重要事項を優先し、柔軟に対応することが求められます。
スケジュールに支配されてはいけない。自分がスケジュールをコントロールするのです。


DSCF0684.JPG


DSCF0709.JPG


DSCF0707.JPG

posted by hayato at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

「7つの習慣」第二の習慣 目的を持ってはじめる

第二の習慣 目的を持ってはじめるから。

「実生活における大切な役割の観点からミッション・ステートメントを書けば、生活にバランスと調和がもたらされる。」
「役割と目標は、個人のミッション・ステートメントに、枠組みと可能性を与えてくれる。個人的なミッション・ステートメントをまだ持っていなければ、役割と目標を考えることが良い出発点になるだろう。自分の生活の各領域と、それぞれにおいて達成したい大切な結果を明確にするだけでも、生活にバランスと方向性の感覚が生まれ始めることになるだろう。」
P190.191

自分の役割を考える。
自分のミッションを発見する試みは、就職活動の自己分析で行われています。
延長線上の考えとして、親・友達・彼氏、奉仕活動・地域活動とった地域社会での様々な立場に対し、自分の役割を考えるという考え方は新たな視点を入れてくれました。

親として、子供に対しどのような役割でいたいのか?
友として、友にどのような役割でいたいのか?
彼氏として彼女にどのような役割でいたいのか?

自分の役割を考えることで、より具体的に自分の望む姿が具現化されていきます。

DSCF0681.JPG

DSCF0676.JPG
posted by hayato at 10:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

「7つの習慣」第一の習慣 自己責任の原則

宿泊したホテルはソフィテル・フィジー・リゾートスパになります。プールサイドで
本を読みながらゆっくりと過ごしました。
「七つの習慣」を読み進めています。本は、不思議なもので数年前読んだ時とは違う感覚が自分の中に入ってきます。

第一の習慣の自己責任の原則から。

「問題は自分の外にあると考えるのならばその考えこそ問題である。」
「人間は、刺激と反応の間に選択の自由を持っている。」
「自分の身に起きる出来事によって傷つけられるのではない。自分がその状況を認識するという選択によって傷を受けるのだ。」

人は、どのような反応もすることが出来ます。同じ言葉を発せられても、人によって受け止め方は違います。傷つく人がいれば、喜ぶ人もいるかもしれません。自分で反応はコントロールすることが出来るのです。

DSCF0694.JPG

DSCF0691.JPG

DSCF0693.JPG
posted by hayato at 03:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

フィジーの旅

韓国でのトランジットという初の体験を経、無事フィジーに到着しました。とても日差しが強く気持ちが良い国です。
バカンスとして過ごす最適な場への旅の目的としては、自分の考えていることの整理が挙げられます。特に、観光の目的もなく、ゆっくりと体をリフレッシュしつつ、帰国後、フル回転できるよう自分と対話をしようと考えています。

空港後、現地の人が良く行く、インドカレーのお店へ。フィジー$で4.5$。日本円で350円くらいです。とても刺激的な味でした。笑。

DSCF0647.JPG
posted by hayato at 19:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。