2008年11月22日

C-team

h1-cteam.gif

バナー広告のクラウドソーシングサービスC-team

C-teamは、「クラウドソーシング(群衆にアウトソースする)」という手法を使ったweb上の新しいクリエイティブエージェンシーです。誰もがクリエイターとなって、クライアントの広告キャンペーンに参加できます。



非常に面白い試みです。自らの作成したバナーが、web上で実際に広告となり、最も評価されたバナー広告の作成者は賞金(1位50000円等)も獲得出来ます。

8月にリリースされたサービスですが、早くも効果は出てきており、クリック率は以前の2倍近くに上がっているようです。
クリエイター達が、過去の受賞者の作成したバナーを自ずと確認する等、自然とPDCAがまわる仕組みも出来ています。
バナーを作ったことがない自分でも期待を持って楽しむことが出来ます。世の中からの評価を簡単に感じられることもあり、スキルを上げたいというモチベーションにもつながります。

過去、バナーを作成する機会はクリエイターにならない限りほぼありませんでした。
それが、気軽に楽しむことになった現在、クリエイターという自分の気付かなかった才能を発見するきっかけになるかもしれません。


c-team
https://c-team.jp/

c-team×mixi
http://mixi.jp/pr.pl?id=103





























posted by hayato at 00:36| Comment(0) | web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

apolon

個人的に注目している会社である、アルカーナが新サービス「apolon」をリリースしました。

apolonは、才能を求めている方と才能を持った方をつなぐコミュニティサイトです。
個人的な仕事を随時、発注・受注することが出来、家事から英語学習、サイトデザインなど要望を書き込めば、スキルを持ち要望に応えられる人が返事を書く仕組みになっています。
買い手のニーズの例には、「翻訳を協力して欲しい」「ペットの世話をして欲しい」「キャンペーンサイトのデザインをして欲しい」「英語の家庭教師をして欲しい」などがあり、売り手の才能とは、「ベビーシッターの経験が豊富」「ウェブサイトのコーディングが短期間でできる」「ECサイトの構築が得意」などが現時点であるようです。
簡単でない挑戦ですが、一人ひとりが仕事を依頼し合う「CtoC(個人間取引)」市場が広がる可能性があります。

アルカーナの理念である、「個人のエンパワーメント」の実現は、僕自身もテーマの一つとしており、ドロップシッピング事業や、教育事業の創出に関わってきています。
インターネット(blog等)の出現により、一般個人の発信力・認知度の向上がおきましたが、今後も個人の活躍の場はますます広がっていくと思います。
それに寄与するサービスとして、今後とも注目し応援していきたい事業です。

apolon http://apolon.jp/top
CNET http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20381121,00.htm
アルカーナ http://www.arcarna.com/


080930_184x138.jpg








posted by hayato at 19:22| Comment(0) | web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。