2009年04月03日

blog引っ越ししました

blogを引っ越ししました。

プライベートブログ

http://hayatogomi.jp/

読書ブログ

http://d.hatena.ne.jp/hayatooo/




posted by hayato at 17:12| Comment(57) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

QUARTER POUNDER

見事なPRでした。

「QUARTER POUNDER」

表参道と渋谷に先日オープンした「クォーターパウンダーショップ」
海外から上陸した謎のハンバーガーショップとして、オープン当日は500人以上の行列を作り、たまたまオープン当日に渋谷にいた僕も、興味を惹かれました。

実は、運営していたのはマクドナルド。
今回はティーザーキャンペーンの一環として行っていたそうです。

あえて、自社ブランドを隠し、マクドナルド離れをしていた人々を取り込んだ今回のPR。期間限定ショップとしてオープンしたお店は役目を終え、本日から関東圏のマクドナルドにて「クォーターパウンダー・チーズ」「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」の2商品を発売しています。

非常に面白い試みでしたが、商品として根付き、マクドナルドに大きな利益をもたらすのでしょうか?

少なくとも僕はマクドナルドで久し振りにハンバーガーを食べようと思いました。

Quarter Pounder.jpg

参考 yahoo記事
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081128-00000000-diamond-bus_all



posted by hayato at 21:30| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

松下政経塾

松下政経塾に行ってきました。

おもしろい人がたくさんいたなーというのが率直な感想です。
社会人・学生問わず若手メンバーを対象とした初の試みのプログラム。
自らの思い・志を語れる人達が多々集まった、このような場はなかなかないなと感じました。

人間を磨き、志を訓練することを目的に政経塾はつくられました。
故松下幸之助は、「自習自得」を大切にし、先生のいない学校にしたいという思いがあったといいます。

特に印象に残った松下幸之助90歳時のインタビューの中で挙げられていた刀鍛冶の例をご紹介します。

ある二人の刀鍛冶の元に弟子が集まりました。
一人の刀鍛冶の元に集まった弟子は、教えるのが上手い師の元、自らの技術を磨いていきました。そして、皆、見事に上達して「上手」になったそうです。
一方、もう一人の鍛冶屋の元に集まった弟子はいつまでたっても何も教えてもらえませんでした。
いつまでたっても、掃除ばかりの日々。教えて頂くことはできず、一人一人と弟子が抜けていったそうです。数年後たっても、辞めない弟子がおり、その弟子はやっと教えて頂くことが出来たそうです。
すると、どうなったか。
その弟子たちは「名人」となり、「上手」な人とは次元の違う鍛冶屋になったといいます。

こうも語っています。

「いい大学に入って、いい会社に入ってというその範疇を抜けられない人が多い」
「はじめから独立・政治家このような人を出したい」

多くの人の心に「依頼心」があるのではないか。
20年以上前に語られたメッセージは現代を生きる僕らにも大切なものを伝えてくれます。

photo.jpg

















posted by hayato at 20:58| Comment(2) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

道徳性

久し振りのエントリーです。
いろいろしていました。

今日は、「道徳性」について書こうと思います。

社会起業家の父と言われるビル・ドレインさんは、優れた社会起業家の条件として以下の4つをあげています。

1.創造性
2.起業家精神
3.アイディアの社会的影響力(簡単に転用可能か)
4.道徳性

「アイディアが簡単に転用可能か」という視点も、周囲に真似されにくいことを意識するビジネス社会とは一線を画し、非常にユニークですが、個人的に注目しているのは「道徳性」です。

ブラジル人のロドリーゴ・バッジオは、自らの事業を創出する際、常軌を逸した行動をしています。
スラムの子供達にPCを学ぶ機会を与えたいという志を持つ彼は、PCを集めるために、アメリカの米州開発銀行米州開発銀行に出かけました。そして、そこで働く官僚たちに、「あなたのコンピューターをください。」と言ったそうです。するとどうなったか?官僚たちはコンピューターをあげたそうです。ある時は、ブラジル空軍に行って、ブラジルまでコンピューターをタダで運んでください。と言ったそうです。すると、「よし解った!OK!」と運んでくれたと言います。彼に会った人々は、彼のひた向きさが伝わり手伝ってくれたといいます。

これは本当に大切なことだと感じます。若手は、熟練した人生の先輩方に比べたらビジネススキルなんてないようなものです。
その中で物事を動かし、世の中を変革していくためには、手伝ってあげたいそう思って頂く必要があります。

強い「道徳性」を持っているかどうか、これはとても重要なことだと改めて感じます。




posted by hayato at 22:59| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

「岩手県産南部どりバーガー」を食べて思ったこと

モスバーガーの「南部どりバーガー」が抜群においしい。
元々は平成20年の頭に北海道、東北限定でご当地メニューとして発売されていたものが東京で発売されているようです。

ふと、去年の夏、モスバーガーのケーススタディを実施したセミナーのことを思い出しました。

必至に頭を悩ませているのにたいしたアウトプットが出ない、答えの見えないものに切り込んでいく自信が持てず自己主張が出来ない、そんな不甲斐なさを痛感したのを覚えています。
自分の弱さを自覚し、このままではまずいとアクションを起こしたことが、今の自分に大きく影響を与えている気がします。
そこで出会った友とは、昨日も一つの企画について打ち合わせをしているわけで、とても素晴らしい時間だったのだなと改めて思いました。

恩返しは、いつか「事業を創れる人」と胸を張って言えるようになることで達成しましょう。

今日から10月、今年も残り3か月です。
目の前のことを一つ一つ期待以上にこなすことを意識し、日々歩んでいきたいと思います。
posted by hayato at 23:21| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

東京すしアカデミー

最近、注目している学校に東京すしアカデミーというのがあります。

日本人が海外で活躍していくための武器は、「寿司」と「英語」だ!
というコンセプトの元、寿司の技術と英語力を身につける講座を開催しています。

空前の寿司ブームとなっている海外では、寿司職人不足が深刻であり、特に最近は日本食の本格志向が進んでいますので、本物を提供できる技術と経験を持つ日本人寿司職人が求められています。
しかし、世界各国の日本食レストランや寿司屋は、ローカル(地元)のお客を対象にしているところが増えているため、彼らとコミュニケーションを取れることがとても重要となっているそうです。
そのため、国際語である英語、そして、今や”食の国際語”とも言える寿司のスキルがあれば、海外で活躍できる第一歩を良い形でスタートできるのではないかというのが講座の設立の背景のようです。

期間として1,2か月のトレーニングで、海外で通用するというから驚きです。海外で寿司職人というと、就労ビザや永住ビザもとりやすいという事実もあります。
寿司握りが趣味であれば、外国人に興味を持たれることや話題にしやすいことも間違いないわけで、趣味として寿司握りの腕を持つことは日本のビジネスマンにとっても非常に面白いことかなと思っています。

東京すしアカデミー http://academy.sushi.ne.jp/australia.htm
All About記事    http://allabout.co.jp/study/studyabroad/closeup/CU20060831A/


060831b.gif



posted by hayato at 23:40| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

ピラティス

僕が、最近取り入れた運動にピラティスがあります。

ピラティスはバランスの崩れた体を整えるのに即効性のある運動です。
体の奥の部分を意識し、本来の筋肉の動きや働きを呼び覚ますとされます。
身体の奥に隠れている、姿勢を保ち内臓を支えるインナーマッスルを鍛えます。日常の動作で使われるのはインナーマッスルです。
関節をしっかりと固定する役目があり、肩こりや腰痛、関節痛 などの身体の痛みを解消し、ケガを予防し、バランスのとれた美しい身体を作ります。
そのバランスが整うことによって、インナーマッスルが使われる日常の動作や立ち居振る舞い、姿勢が整うそうです。
ピラティスが、美しさを求めるダンサーやモデルなどに人気が高いのも、この効果を期待してのものといわれています。

運動的要素が強く、体を常に動かすため、きつい部分もあるのですが、自分の体のずれとそれが整っていく様子を感じることが出来、お薦めです。


ピラティスのすべて 参照
http://www.sannjuu.com/

693505_122.jpg









posted by hayato at 11:56| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

体と心は結びついているという考え方があります。

体が柔らかくなると心が柔らかくなる。体の調子が良いと、心の調子が良くなるとされます。

最近、この考えの重要性について強く意識するようになりました。

体の調整はおろそかにしがちです。忙しく運動も出来ない中、デスクワークが多くなると、こりもひどくなり体のバランスが知らぬまに悪くなっていきます。

久し振りに友達に会ったけど、前より何かエネルギーを感じなくなったな。
同じことを言っているのに、彼の言葉は伝わってきて、なぜもう片方の彼の言葉は伝わってこないのだろう。

そんなふうに感じたことはないでしょうか?
そこに僕は体の調子が結びついている気がしてなりません。

「心・技・体」という言葉がありますが、超一流は「体・技・心」とみるといいます。
超一流のメンタルは本当に強い。逆に体がメンタルに追い付かず表現できなくなくなってしまうため、体の調整を大切にされます。

忙しい中少し時間をとり、体の調整をしてあげることで、自分の良さをより周囲に伝えやすくなるのかもしれません。








posted by hayato at 23:59| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

EXILE

EXILE特集をテレビで見ました。
結成から現在までの、困難や喜びを赤裸々に伝えてくれます。

HIROさんの、夢のためにどんな状況になっても、信念を持ち続け突き進む姿に目頭が熱くなりました。
やはり、どの分野でも同じですね。
リーダーは、例え一人になったとしてもぶれない信念を持ち続けなくてはいけない。その迷いなき姿勢が何かを動かすのだと。


そこには、リスクヘッジを考えておくなんてものは存在しない。
選択肢を広げておこうなんて誰も言わない。
あるのは、夢を持ち、目の前の困難に真剣に向き合い、楽しみながら日々懸命に生きる姿だけ。


LDH
http://www.ldh.co.jp/


368527_207.jpg



posted by hayato at 23:52| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

「Project 10 to the 100th」

googleがまた面白いことをやってくれます。

創立10周年を記念して、10年間の同社の歴史を案内するサイトを開設すると共に、世界を改善することを試みるプロジェク「Project 10 to the 100th」を立ち上げました。
Project 10 to the 100thは、「良いことを行う」というGoogleの企業精神の一環として、個人相互の助け合いを促進することを目指しています。米国時間10月20日までアイデアを受け付け、もっとも優れたアイデアにGoogleが1000万ドルを出資するそうです。

ご興味のある方はぜひ。

「Project 10 to the 100th」
http://www.project10tothe100.com/why.html



posted by hayato at 22:10| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

日本人は考えすぎだと思う

今後、各々が何をやっていくのかについて皆で話していた時に、友人が語った内容で印象的な言葉があります。

「日本人は考えすぎだと思う。おもしろそう・儲かりそう・それを多くの人に広めたい。それで良いじゃん。」

世の中の貢献等、考え、語ることも重要ですが、シンプルに考えることで見えるものがあります。





posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

優しさ

タクシーの乗ったら運転手さんがきさくに話しかけて下さり、会話を楽しんでいたのですが、

車線変更をしたい車をいっこうに入れない車を見て、一言

「最近の日本は、優しさがなくなっている。本当に。」

それを皮切りに、優しさを感じられない事例や、せかせか動くことに捉われている人達について語っていました。

うーん。

現代日本人についての問題意識を持つことはあるものの、タクシーの運転手さんとの会話から出てくるとは思いませんでした。

一方、何かすっきりしない違和感を感じたのも事実です。

様々なことに問題意識を感じる人は増えている、問題に対し、傍観せず、少しでも良いから自分で出来ることをする、それが大切なのかもしれません。














posted by hayato at 19:20| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

イチロー「8年連続200安打達成」

マリナーズのイチロー選手が素晴らしい記憶を成し遂げました。8年連続の200本安打、本当に素晴らしい記録です。
以下、達成後のインタビュー内容を参照。

―200安打を達成しての率直な気持ちは。

 しんどかった。めちゃくちゃしんどかったです。(内野安打は)とっさにバットが出た

―一塁ベース上でこみ上げるものは。

 それはないですよ。それがないのが僕ですから。それがあると多分8年続けてやっていないでしょうね

――8年続いた。

 5年やった時に“8年がいるのかあ”と思ったが、結局そこに来てしまった。結果的に200安打する選手はいるけど、それを(最初から)具体的にイメージして達成できる選手は僕と(5年連続200安打のレンジャーズの)マイケル・ヤングしかいないと思う

――苦しいシーズンだったのでは。

 ずっと恐怖との闘いだった。何としても(記録達成を)外せない年だったので、ゼロ(安打)の段階から強く意識しなくてはいけなかった。できないかもしれないという恐怖は常にあった

――記録と向き合う上で難しさは。

 安打を欲しいという気持ちですよね。これが邪魔する。これは(04年262安打の)安打記録の時も同じようなことを感じていた

――迫り来るプレッシャーとの付き合い方は。

 起こるものは、僕は受け入れていくしかないと思っている、わき起こってくるものは、逃げられないと思っている

――チームの不振とも戦う必要があった。

 (秘けつは)クラブハウスから早く出て行くこと。マイナスの空気っていうのはどうしても皮膚から入ってくる。悪い方に流れることだけは絶対にしないという信念を持ってやっている。これまでよりも、もっと僕の世界をクラブハウスの中でつくり上げた

――キーラーがつくった107年ぶりの記録。100年に1人の男になった。

 男っていう表現は好きじゃない。僕の中ではそれは旅に近い。(100年に1人の)旅行って言いたくなる

――張本勲氏の日本記録(通算3085安打)超えまで16本だが。

(今年中に)やりたいし、やるつもり。11試合で16本でしょ。毎試合1本ずつ打っても5試合で2本が必要になる。簡単じゃないけど、十分可能性はある


恐怖を認める姿勢、プレッシャーを受け入れること、自分の世界をつくりあげること、一つ一つが勉強になります。
プロフェッショナルとは、期待通りの成果を再現し続けられることと表現されることがあります。
一打席、一スイングを意識し、なぜヒットになるのか?ならないのか?追求し続け、再現性の高さを身につける。
大変感銘を受けます。
posted by hayato at 14:38| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

SKY−sky mark airline

国内旅行を中心にシェアを伸ばしている航空会社があります。
魅力は、なんといっても値段の安さ。
北海道に行く際、利用したのですが、JAL利用の半分ほどの値段で行くことが出来ます。

以下、会社概要から抜粋です。

「運航便を羽田から札幌・福岡・神戸・沖縄と利用者の多い路線に集約することによって運航効率を上げ、適正な運賃を皆様に提供しております。また、機種を統一することで業務を単純化し、安全と低コストを両立させるべく励んでおります。」

選択と集中をすることでコストを上手く削減し、リーズナブルな旅を実現させてくれています。搭乗してユニークだと感じたことに、機内の飲み物を自分で買うことが挙げられます。新幹線のように、販売員が回ってきて買うことになります。また、自社に整備部門を待たず、外注をし、清掃は乗組員がやる等の試みも行うことで低価格の航空費につなげています。

個人的には、全く不自由を感じない快適な旅でした。
過度なサービスをせず、低価格に反映する試みが、航空会社の世界まで持ち込まれているところに面白さを感じます。

posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

相関関係

Lehmon Brothersの経営破たん、Merrill Lynchの救済合併、1.2年前までは、予想だにしなかった現実が起きています。

一度、はじまった大規模な負の連鎖はなかなか止まりません。
これほど大きなことが起こると、物事には、相関関係があることをまじまじと感じます。
一つの事象が、様々な事象に影響を与える、それがまた様々な事象に影響を与える。
自分の行為が、影響を与えるのは目に見えることではない、見えていない先にも変化を与えているという事実を再認識します。

posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

Google Chrome

googleのブラウザのChromeが恐ろしくはやい。

リリース後から即利用しているのですが、知らない間にIEからとって変わって使ようになりました。

IEでも特に不便を感じていなかったのですが、Chromeを使い出してから利用すると遅く感じてしまいます。
日常の慣れとは不思議なものであり怖いものです。慣れることにより、不便さを感じなくなってしまいます。
慣れ、習慣化の中にこそ、あえて疑問を持つことの大切さを改めて感じます。

それにしてもgoogleは面白いですね。最近はいろいろ言われていますが、先日のストリートビューしかりChromeと素晴らしいサービスをリリースしてくれています。

Chrome
http://www.google.com/chrome/?hl=ja&utm_source=ja-wh





posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

H&M

スウェーデン発のファストファッションブランドH&Mの銀座店がOPENしました。

低価格かつハイセンスの商品を提供し続けるH&M、ヨーロッパの勢いのまま日本に乗り込んできました。
日本上陸に当たって「コムデギャルソン」の川久保玲さんとのコラボはファッション業界の注目を集めています。

日本のユニクロ、アメリカのGAP、スペインのZARA、この勢力図を変化させるのでしょうか?
注目して見ていこうと思います。

2007年度の売上高(付加価値税を含む)は前年比15%増の約921億ウェーデンクローナ(約1兆4940億円 ※2008年9月7日時点のレート1SEK=16.2円で換算)時価総額は約4兆1000億円。

「H&Mの最大の強みは、最新ファッションを素早く低価格で提供すること。ユニクロやZARAと同じSPA型ではあるが、多品種少量生産で商品サイクルの早いZARAと、大量生産でコストパフォーマンスを追求するユニクロの特徴をあわせ持つともいえる。この独自のビジネスモデルを支えているのが、“インスピレーショントリップ”だ。
コレクションは約1年前から企画される。ストックホルムの本社には約100名のデザイナーと60名のパタンナー、約100名のバイヤーが在籍。3人1組で“インスピレーショントリップ”といわれる市場調査を行い、世界中の最新情報に基づいて、シーズンテーマとデザインを決めていく。
商品構成や生産数量を具体的に決めるのは、デザイナー、パタンナー、バイヤーを中心としたコンセプトチームだ。生産は、自社工場ではなく、欧州とアジアを中心に世界中にある約800の契約工場に委託。工場への発注から納品までの期間は生産数量の少ないトレンド商品なら約2〜3週間と、短期間で商品化する生産体制を確立している。
また、店頭で売れた商品は翌日朝、物流センターから新商品とともに入荷される仕組みになっている。これによって売り逃がしがないうえ、常に店頭の売れ行きやトレンドの変化に応じて品揃えを調整しているので売り場はいつも新鮮だ。基本的な品揃えは世界共通だが、各店舗の商圏特性や前シーズンの売れ筋などによって品揃えは若干変えているという。」

日経トレンディネット参照
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080905/1018421/?P=1
H&M
http://www.hm.com/jp/
posted by hayato at 00:00| Comment(2) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

MAKE IT 21

本日は、MAKE IT 21の講演を友人に誘われ聞きにいきました。
藤巻ジャパンの藤巻さん、ジョヤンテの川崎さんをゲストにショーンKさんのファシリテートのもとスタートしました。
いくつか心に刺さった言葉があります。

「コミュニケーション能力がある人はパワーが溢れている。」
「人脈を作るのにメリット、デメリットで考えるのではない。好きか嫌いかではないのか。」
「過去、「御用聞き」を日本は行っていたが、それこそマーケティングではないのか。現在、CRMと称されているが、日本にはすでにあった。」
「シリコンバレーのアメリカの500社の有望企業の内、ばりばりに固めた事業計画書をつくった企業は5%である。41%の企業はコースターからはじまった。」
「アニマルスピリッツがビジネスを動かす。」

コミュニケーションというテーマの元、日本の過去や、現状、アメリカの事例を交えながら有意義なディスカッションが行われました。
コミュニケーションと体から充ち溢れるエネルギーの関係性、日本が本来持つ良さを再度見直すことの大切さ、自身の考えていたこととのつながりを感じます。
「アニマルスピリッツ」覚悟を決めたものの発言と、決め切れないものの発言では動かせる人の幅も変わってきます。そのことを再認識しました。

最後に、コミュニケーションの5つのポイントを

1. お互いを認め合い、褒めあう
2. さらけ出す、自我を投げ合う
3. 言葉の「意味」を確かめ合う
4. リーダーシップ、フォロワーシップ
5. 信頼を築いてから気持ちを伝えるコミュニケーションを

MAKE IT 21blog
https://www.j-wave.co.jp/blog/makeit/



posted by hayato at 19:32| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

Webtel

韓国の空港でこんなのを発見しました。電話に画面が着いて、キーボードまであります。
非常にユニークだなと感じましたが、使う人が全くいなかったのが若干気になります。
東京に帰ったら調べて見ようと思います。

DSCF0715.JPG








posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

popIn

東大発ベンチャーpopInに伺ってきました。

popInの事業は一言で言うと、「ページ内辞書ツール」です。
ブラウザのブックマークレットとして、popInを登録しボタンを押してからページ内の気になる単語を選択すると、そのページ内でその単語に関する画像や動画、辞書などを検索することができます。
知的好奇心が強い方の要望を満たす、非常にユニークなサービスと感じます。
事業の中心として動く程涛さんもとても人柄良く、事業への覚悟も決めており非常に魅力的な方でした。

せっかくのご縁ですのでいろいろ絡むことが出来たらと考えております。


popIn株式会社
http://www.popin.cc/ja/index.html?pa=c&po=0

VENTURE VIEW
http://v.japan.cnet.com/news/article/story/0,2000067548,20376859,00.htm
posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。