2008年09月19日

旭山動物園

旭山動物園は奇跡の再生をした動物園としても注目を浴びています。

この動物園の魅力は、見せ方が上手いことにつきます。特別な動物がいるわけではないのです。その動物の魅力を最大限に引き出すような工夫をしています。
飛べないペンギンを水の中から見せることで飛んでいるように感じさせたり、アザラシが筒状の水槽の中を通るようにしたりと、様々な工夫が凝らしてあり、とても楽しむことが出来ました。

この「見せ方」という部分には、僕自身、強く興味を持っている部分でもあります。本来持っている能力を最大限に引き出すことで、変革を起こす。見せ方を工夫することで最大限に良さを引き出すことが出来るものは多々あるのではないでしょうか?

旭山動物園の基本の考え方は「行動展示」。動物本来の能力や行動を引き出して、それを出来るだけ来場者に見てもらう工夫をすることです。
80年代後半の低迷期に、園長に就任した菅野浩氏は、危機感を感じ、当時飼育係長(現園長)だった小菅正夫氏を中心とした改善アイディアをまとめるためのプロジェクトを指示しています。「やがてあなた達の時代が来る。いまのうちに将来あるべき動物園の姿をまとめておきなさい」と。
動物園のあるべき姿、「夢の動物園」ビジョンを描くために、熱意を持ち、徹底的に話し合ったそうです。
動物園の存在意義とは、動物の本来の姿、どうすれば動物の姿を見てもらえるか?
その結果、生まれたのが、現在の旭山動物園の元になった奇跡の14枚のスケッチとされています。

DSCF0853.JPG

DSCF0856.JPG

DSCF0863.JPG

DSCF0866.JPG

DSCF0868.JPG
posted by hayato at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

日本人の優遇

リゾート地に行くと、つくづく感じることですが本当に日本人は優遇されます。
お金があると思われている、ビジネス的なかもとしての面も大きいのですが、その分、非常に楽な旅行をすることができます。現地人にとって日本は魅力的な国のようで、興味深く思ってくれ、フィジー人の友達も出来ました。

一方、レストランで日本語メニューを頂いた時は、少しショックでした。もし、僕が日本人でなければ、英語メニューを楽しむことが出来たでしょう。優遇されることは、見方によっは良い面だけではありません。

今後の世界経済の勢力図が変化により、リゾート地に中国人やインド人が増え、日本の優遇対象としての優先順位が下がっていくと旅においても何か変化が生まれるのでしょうか?

興味深く変化を意識していこうと思います。

posted by hayato at 07:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

「7つの習慣」第三の習慣 重要事項を優先する

フィジーの夜はとても過ごしやすいです。日差しが強く、高温な昼とは一転してとても涼しくなります。中でも、星がとてもきれいに見ることが出来、プラネタリウムを実際の現実で体験することが出来ます。心をとても清らかにしてくれます。

第三の習慣の重要事項を優先するから。

「人の問題に関しては、短絡的に能率を考えることは出来ない。人に対しては効果性を考え、物に対しては能率を考えるべきである。」
「スケジュールをそのまま実行できなかったり、あるいは変えたりする必要が生じた時に、罪悪感や自己嫌悪を感じる必要はないということである。」
P241.242

目標を決め、スケジュールを立てて、物事を進めていくがスケジュール通りに事が進むとか限りません。自分のビジョンとし価値観を心と頭の中に深く刻み、自分の期待像と価値観のベクトルを合わせ、重要事項を優先し、柔軟に対応することが求められます。
スケジュールに支配されてはいけない。自分がスケジュールをコントロールするのです。


DSCF0684.JPG


DSCF0709.JPG


DSCF0707.JPG

posted by hayato at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

「7つの習慣」第二の習慣 目的を持ってはじめる

第二の習慣 目的を持ってはじめるから。

「実生活における大切な役割の観点からミッション・ステートメントを書けば、生活にバランスと調和がもたらされる。」
「役割と目標は、個人のミッション・ステートメントに、枠組みと可能性を与えてくれる。個人的なミッション・ステートメントをまだ持っていなければ、役割と目標を考えることが良い出発点になるだろう。自分の生活の各領域と、それぞれにおいて達成したい大切な結果を明確にするだけでも、生活にバランスと方向性の感覚が生まれ始めることになるだろう。」
P190.191

自分の役割を考える。
自分のミッションを発見する試みは、就職活動の自己分析で行われています。
延長線上の考えとして、親・友達・彼氏、奉仕活動・地域活動とった地域社会での様々な立場に対し、自分の役割を考えるという考え方は新たな視点を入れてくれました。

親として、子供に対しどのような役割でいたいのか?
友として、友にどのような役割でいたいのか?
彼氏として彼女にどのような役割でいたいのか?

自分の役割を考えることで、より具体的に自分の望む姿が具現化されていきます。

DSCF0681.JPG

DSCF0676.JPG
posted by hayato at 10:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

「7つの習慣」第一の習慣 自己責任の原則

宿泊したホテルはソフィテル・フィジー・リゾートスパになります。プールサイドで
本を読みながらゆっくりと過ごしました。
「七つの習慣」を読み進めています。本は、不思議なもので数年前読んだ時とは違う感覚が自分の中に入ってきます。

第一の習慣の自己責任の原則から。

「問題は自分の外にあると考えるのならばその考えこそ問題である。」
「人間は、刺激と反応の間に選択の自由を持っている。」
「自分の身に起きる出来事によって傷つけられるのではない。自分がその状況を認識するという選択によって傷を受けるのだ。」

人は、どのような反応もすることが出来ます。同じ言葉を発せられても、人によって受け止め方は違います。傷つく人がいれば、喜ぶ人もいるかもしれません。自分で反応はコントロールすることが出来るのです。

DSCF0694.JPG

DSCF0691.JPG

DSCF0693.JPG
posted by hayato at 03:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

フィジーの旅

韓国でのトランジットという初の体験を経、無事フィジーに到着しました。とても日差しが強く気持ちが良い国です。
バカンスとして過ごす最適な場への旅の目的としては、自分の考えていることの整理が挙げられます。特に、観光の目的もなく、ゆっくりと体をリフレッシュしつつ、帰国後、フル回転できるよう自分と対話をしようと考えています。

空港後、現地の人が良く行く、インドカレーのお店へ。フィジー$で4.5$。日本円で350円くらいです。とても刺激的な味でした。笑。

DSCF0647.JPG
posted by hayato at 19:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

フィジーの旅

韓国でのトランジットという初の体験を経、無事フィジーに到着しました。とても日差しが強く気持ちが良い国です。
バカンスとして過ごす最適な場への旅の目的としては、自分の考えていることの整理が挙げられます。特に、観光の目的もなく、ゆっくりと体をリフレッシュしつつ、帰国後、フル回転できるよう自分と対話をしようと考えています。

空港後、現地の人が良く行く、インドカレーのお店へ。フィジー$で4.5$。日本円で350円くらいです。とても刺激的な味でした。笑。



posted by hayato at 05:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。