2008年11月30日

渡辺弘美 「ウェブを変える10の破壊的トレンド」

日本からはなぜ米国のように次々と破壊的トレンドにつながるテクノロジーやサービスが生まれてこないのかという疑問が提起される。・・・私は、あえて「エンジニアを信頼する環境」が日本に足りないのではないかと言いたい。企業がイノベーションのジレンマに陥る原因が、企業規模と既存の最重要顧客であるならば、現在の顧客や市場のバリューチェーンから外れた組織を社内に設け、破壊的トレンドを創造するエンジニアたちを信頼し、彼らに最適の環境を提供すべきと思う。P215.216


渡辺弘美 ウェブを変える10の破壊的トレンド 最新.png

先日、mixiがAPIを公開することを発表しましたが、これによりmixi向けのアプリケーション競争が起きるでしょう。国内のSNSも次のフェーズに行くのでしょうか。
米国では、2007年の5月にfacebookが、アプリケーション(ウィジェット)の開発に向けてAPIをオープン化してから、今では5000以上のアプリケーションが増えています。人気に慌てたMySpaceが遅れてオープン化戦略を追随し、巨大な広告マーケットになりうるSNSのオープン化戦争にgoogleが黙っているわけもなく、個々のSNSが提供してきたAPIを共通化するオープンソーシャルプロジェクトを発表したという経緯がありました。
ユーザーが、SNSのページ上にウィジェットを張り付けてくれれば、潜在的な顧客と「ダイレクト」な関係が構築できることもあり、非常に注目です。

BBwatch参照
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/special/24047.html





posted by hayato at 10:04| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。