2008年10月26日

道徳性

久し振りのエントリーです。
いろいろしていました。

今日は、「道徳性」について書こうと思います。

社会起業家の父と言われるビル・ドレインさんは、優れた社会起業家の条件として以下の4つをあげています。

1.創造性
2.起業家精神
3.アイディアの社会的影響力(簡単に転用可能か)
4.道徳性

「アイディアが簡単に転用可能か」という視点も、周囲に真似されにくいことを意識するビジネス社会とは一線を画し、非常にユニークですが、個人的に注目しているのは「道徳性」です。

ブラジル人のロドリーゴ・バッジオは、自らの事業を創出する際、常軌を逸した行動をしています。
スラムの子供達にPCを学ぶ機会を与えたいという志を持つ彼は、PCを集めるために、アメリカの米州開発銀行米州開発銀行に出かけました。そして、そこで働く官僚たちに、「あなたのコンピューターをください。」と言ったそうです。するとどうなったか?官僚たちはコンピューターをあげたそうです。ある時は、ブラジル空軍に行って、ブラジルまでコンピューターをタダで運んでください。と言ったそうです。すると、「よし解った!OK!」と運んでくれたと言います。彼に会った人々は、彼のひた向きさが伝わり手伝ってくれたといいます。

これは本当に大切なことだと感じます。若手は、熟練した人生の先輩方に比べたらビジネススキルなんてないようなものです。
その中で物事を動かし、世の中を変革していくためには、手伝ってあげたいそう思って頂く必要があります。

強い「道徳性」を持っているかどうか、これはとても重要なことだと改めて感じます。




posted by hayato at 22:59| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。