2008年09月29日

東京すしアカデミー

最近、注目している学校に東京すしアカデミーというのがあります。

日本人が海外で活躍していくための武器は、「寿司」と「英語」だ!
というコンセプトの元、寿司の技術と英語力を身につける講座を開催しています。

空前の寿司ブームとなっている海外では、寿司職人不足が深刻であり、特に最近は日本食の本格志向が進んでいますので、本物を提供できる技術と経験を持つ日本人寿司職人が求められています。
しかし、世界各国の日本食レストランや寿司屋は、ローカル(地元)のお客を対象にしているところが増えているため、彼らとコミュニケーションを取れることがとても重要となっているそうです。
そのため、国際語である英語、そして、今や”食の国際語”とも言える寿司のスキルがあれば、海外で活躍できる第一歩を良い形でスタートできるのではないかというのが講座の設立の背景のようです。

期間として1,2か月のトレーニングで、海外で通用するというから驚きです。海外で寿司職人というと、就労ビザや永住ビザもとりやすいという事実もあります。
寿司握りが趣味であれば、外国人に興味を持たれることや話題にしやすいことも間違いないわけで、趣味として寿司握りの腕を持つことは日本のビジネスマンにとっても非常に面白いことかなと思っています。

東京すしアカデミー http://academy.sushi.ne.jp/australia.htm
All About記事    http://allabout.co.jp/study/studyabroad/closeup/CU20060831A/


060831b.gif



posted by hayato at 23:40| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。