2008年09月27日

体と心は結びついているという考え方があります。

体が柔らかくなると心が柔らかくなる。体の調子が良いと、心の調子が良くなるとされます。

最近、この考えの重要性について強く意識するようになりました。

体の調整はおろそかにしがちです。忙しく運動も出来ない中、デスクワークが多くなると、こりもひどくなり体のバランスが知らぬまに悪くなっていきます。

久し振りに友達に会ったけど、前より何かエネルギーを感じなくなったな。
同じことを言っているのに、彼の言葉は伝わってきて、なぜもう片方の彼の言葉は伝わってこないのだろう。

そんなふうに感じたことはないでしょうか?
そこに僕は体の調子が結びついている気がしてなりません。

「心・技・体」という言葉がありますが、超一流は「体・技・心」とみるといいます。
超一流のメンタルは本当に強い。逆に体がメンタルに追い付かず表現できなくなくなってしまうため、体の調整を大切にされます。

忙しい中少し時間をとり、体の調整をしてあげることで、自分の良さをより周囲に伝えやすくなるのかもしれません。








posted by hayato at 23:59| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。