2008年09月30日

apolon

個人的に注目している会社である、アルカーナが新サービス「apolon」をリリースしました。

apolonは、才能を求めている方と才能を持った方をつなぐコミュニティサイトです。
個人的な仕事を随時、発注・受注することが出来、家事から英語学習、サイトデザインなど要望を書き込めば、スキルを持ち要望に応えられる人が返事を書く仕組みになっています。
買い手のニーズの例には、「翻訳を協力して欲しい」「ペットの世話をして欲しい」「キャンペーンサイトのデザインをして欲しい」「英語の家庭教師をして欲しい」などがあり、売り手の才能とは、「ベビーシッターの経験が豊富」「ウェブサイトのコーディングが短期間でできる」「ECサイトの構築が得意」などが現時点であるようです。
簡単でない挑戦ですが、一人ひとりが仕事を依頼し合う「CtoC(個人間取引)」市場が広がる可能性があります。

アルカーナの理念である、「個人のエンパワーメント」の実現は、僕自身もテーマの一つとしており、ドロップシッピング事業や、教育事業の創出に関わってきています。
インターネット(blog等)の出現により、一般個人の発信力・認知度の向上がおきましたが、今後も個人の活躍の場はますます広がっていくと思います。
それに寄与するサービスとして、今後とも注目し応援していきたい事業です。

apolon http://apolon.jp/top
CNET http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20381121,00.htm
アルカーナ http://www.arcarna.com/


080930_184x138.jpg








posted by hayato at 19:22| Comment(0) | web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

東京すしアカデミー

最近、注目している学校に東京すしアカデミーというのがあります。

日本人が海外で活躍していくための武器は、「寿司」と「英語」だ!
というコンセプトの元、寿司の技術と英語力を身につける講座を開催しています。

空前の寿司ブームとなっている海外では、寿司職人不足が深刻であり、特に最近は日本食の本格志向が進んでいますので、本物を提供できる技術と経験を持つ日本人寿司職人が求められています。
しかし、世界各国の日本食レストランや寿司屋は、ローカル(地元)のお客を対象にしているところが増えているため、彼らとコミュニケーションを取れることがとても重要となっているそうです。
そのため、国際語である英語、そして、今や”食の国際語”とも言える寿司のスキルがあれば、海外で活躍できる第一歩を良い形でスタートできるのではないかというのが講座の設立の背景のようです。

期間として1,2か月のトレーニングで、海外で通用するというから驚きです。海外で寿司職人というと、就労ビザや永住ビザもとりやすいという事実もあります。
寿司握りが趣味であれば、外国人に興味を持たれることや話題にしやすいことも間違いないわけで、趣味として寿司握りの腕を持つことは日本のビジネスマンにとっても非常に面白いことかなと思っています。

東京すしアカデミー http://academy.sushi.ne.jp/australia.htm
All About記事    http://allabout.co.jp/study/studyabroad/closeup/CU20060831A/


060831b.gif



posted by hayato at 23:40| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

ピラティス

僕が、最近取り入れた運動にピラティスがあります。

ピラティスはバランスの崩れた体を整えるのに即効性のある運動です。
体の奥の部分を意識し、本来の筋肉の動きや働きを呼び覚ますとされます。
身体の奥に隠れている、姿勢を保ち内臓を支えるインナーマッスルを鍛えます。日常の動作で使われるのはインナーマッスルです。
関節をしっかりと固定する役目があり、肩こりや腰痛、関節痛 などの身体の痛みを解消し、ケガを予防し、バランスのとれた美しい身体を作ります。
そのバランスが整うことによって、インナーマッスルが使われる日常の動作や立ち居振る舞い、姿勢が整うそうです。
ピラティスが、美しさを求めるダンサーやモデルなどに人気が高いのも、この効果を期待してのものといわれています。

運動的要素が強く、体を常に動かすため、きつい部分もあるのですが、自分の体のずれとそれが整っていく様子を感じることが出来、お薦めです。


ピラティスのすべて 参照
http://www.sannjuu.com/

693505_122.jpg









posted by hayato at 11:56| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

体と心は結びついているという考え方があります。

体が柔らかくなると心が柔らかくなる。体の調子が良いと、心の調子が良くなるとされます。

最近、この考えの重要性について強く意識するようになりました。

体の調整はおろそかにしがちです。忙しく運動も出来ない中、デスクワークが多くなると、こりもひどくなり体のバランスが知らぬまに悪くなっていきます。

久し振りに友達に会ったけど、前より何かエネルギーを感じなくなったな。
同じことを言っているのに、彼の言葉は伝わってきて、なぜもう片方の彼の言葉は伝わってこないのだろう。

そんなふうに感じたことはないでしょうか?
そこに僕は体の調子が結びついている気がしてなりません。

「心・技・体」という言葉がありますが、超一流は「体・技・心」とみるといいます。
超一流のメンタルは本当に強い。逆に体がメンタルに追い付かず表現できなくなくなってしまうため、体の調整を大切にされます。

忙しい中少し時間をとり、体の調整をしてあげることで、自分の良さをより周囲に伝えやすくなるのかもしれません。








posted by hayato at 23:59| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

EXILE

EXILE特集をテレビで見ました。
結成から現在までの、困難や喜びを赤裸々に伝えてくれます。

HIROさんの、夢のためにどんな状況になっても、信念を持ち続け突き進む姿に目頭が熱くなりました。
やはり、どの分野でも同じですね。
リーダーは、例え一人になったとしてもぶれない信念を持ち続けなくてはいけない。その迷いなき姿勢が何かを動かすのだと。


そこには、リスクヘッジを考えておくなんてものは存在しない。
選択肢を広げておこうなんて誰も言わない。
あるのは、夢を持ち、目の前の困難に真剣に向き合い、楽しみながら日々懸命に生きる姿だけ。


LDH
http://www.ldh.co.jp/


368527_207.jpg



posted by hayato at 23:52| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

「Project 10 to the 100th」

googleがまた面白いことをやってくれます。

創立10周年を記念して、10年間の同社の歴史を案内するサイトを開設すると共に、世界を改善することを試みるプロジェク「Project 10 to the 100th」を立ち上げました。
Project 10 to the 100thは、「良いことを行う」というGoogleの企業精神の一環として、個人相互の助け合いを促進することを目指しています。米国時間10月20日までアイデアを受け付け、もっとも優れたアイデアにGoogleが1000万ドルを出資するそうです。

ご興味のある方はぜひ。

「Project 10 to the 100th」
http://www.project10tothe100.com/why.html



posted by hayato at 22:10| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

自己最大化のために、20代の皆様にお伝えする7カ条

部屋を掃除していたら、以前、岡田光信(かざかコモディティ株式会社 代表取締役社長)さんにお話を聞いた際に用意して下さった、プレゼンテーション資料に目がとまりました。

とても学びと刺激を受けたのを覚えています。

彼が、自己最大化のために、20代の皆様にお伝えする7カ条を用意して下さったのを紹介させて頂こうと思います。

1.寝るな
2.爆発的な体力をつけろ
3.偉い人とも最低な人とも話せ
4.お金は記憶に残るものに使え
5.がめるな、与えろ
6.親孝行をしろ
7.○○と○○は______

一つ一つの言葉は、とてもシンプルですが重要なことが凝縮されたメッセージだと感じています。

posted by hayato at 21:58| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

日本人は考えすぎだと思う

今後、各々が何をやっていくのかについて皆で話していた時に、友人が語った内容で印象的な言葉があります。

「日本人は考えすぎだと思う。おもしろそう・儲かりそう・それを多くの人に広めたい。それで良いじゃん。」

世の中の貢献等、考え、語ることも重要ですが、シンプルに考えることで見えるものがあります。





posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

太陽と海の教室

今日は、自宅で「太陽と海の教室」の最終回を見ました。

先生から生徒へ語った言葉でいくつか印象に残った言葉を。

「自分のやっていることに誇りをもてるか?」

「自分自身の可能性から逃げてはいないか?」

「君は君らしくあるか?」

「今を生きているか?」

「君達は誰だ?」

ドラマでは、高校生へ向けて送った言葉ですが、どの年代にも響く素晴らしい言葉だなと感じます。

夢を持つことの大切さを訴え続けたルーキーズをはじめ、自分の可能性を信じ自分らしく生きることを訴えている今ドラマと、メディアを通じて若い世代、視聴者に伝えたいメッセージを感じることができます。





posted by hayato at 22:46| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

優しさ

タクシーの乗ったら運転手さんがきさくに話しかけて下さり、会話を楽しんでいたのですが、

車線変更をしたい車をいっこうに入れない車を見て、一言

「最近の日本は、優しさがなくなっている。本当に。」

それを皮切りに、優しさを感じられない事例や、せかせか動くことに捉われている人達について語っていました。

うーん。

現代日本人についての問題意識を持つことはあるものの、タクシーの運転手さんとの会話から出てくるとは思いませんでした。

一方、何かすっきりしない違和感を感じたのも事実です。

様々なことに問題意識を感じる人は増えている、問題に対し、傍観せず、少しでも良いから自分で出来ることをする、それが大切なのかもしれません。














posted by hayato at 19:20| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

ASPERGES

北海道の新鮮な旬な食材を活かしたRESTAURANT ASPERGESに行ってきました。
北海道を代表するシェフ・中道博氏とJAの本格的な共同プロジェクトとして、旬を活かした美瑛ならではの料理を提供します。食べた人に感動を与えるおいしさで、美瑛産農畜産物のファンになっていただくことを目指しているそうです。
一つ一つの食材の味の良さを感じることが出来、満足です。

http://bieisenka.jp/restaurant/

DSCF0928.JPG

DSCF0929.JPG

DSCF0931.JPG

DSCF0934.JPG
posted by hayato at 19:24| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

旭山動物園

旭山動物園は奇跡の再生をした動物園としても注目を浴びています。

この動物園の魅力は、見せ方が上手いことにつきます。特別な動物がいるわけではないのです。その動物の魅力を最大限に引き出すような工夫をしています。
飛べないペンギンを水の中から見せることで飛んでいるように感じさせたり、アザラシが筒状の水槽の中を通るようにしたりと、様々な工夫が凝らしてあり、とても楽しむことが出来ました。

この「見せ方」という部分には、僕自身、強く興味を持っている部分でもあります。本来持っている能力を最大限に引き出すことで、変革を起こす。見せ方を工夫することで最大限に良さを引き出すことが出来るものは多々あるのではないでしょうか?

旭山動物園の基本の考え方は「行動展示」。動物本来の能力や行動を引き出して、それを出来るだけ来場者に見てもらう工夫をすることです。
80年代後半の低迷期に、園長に就任した菅野浩氏は、危機感を感じ、当時飼育係長(現園長)だった小菅正夫氏を中心とした改善アイディアをまとめるためのプロジェクトを指示しています。「やがてあなた達の時代が来る。いまのうちに将来あるべき動物園の姿をまとめておきなさい」と。
動物園のあるべき姿、「夢の動物園」ビジョンを描くために、熱意を持ち、徹底的に話し合ったそうです。
動物園の存在意義とは、動物の本来の姿、どうすれば動物の姿を見てもらえるか?
その結果、生まれたのが、現在の旭山動物園の元になった奇跡の14枚のスケッチとされています。

DSCF0853.JPG

DSCF0856.JPG

DSCF0863.JPG

DSCF0866.JPG

DSCF0868.JPG
posted by hayato at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

イチロー「8年連続200安打達成」

マリナーズのイチロー選手が素晴らしい記憶を成し遂げました。8年連続の200本安打、本当に素晴らしい記録です。
以下、達成後のインタビュー内容を参照。

―200安打を達成しての率直な気持ちは。

 しんどかった。めちゃくちゃしんどかったです。(内野安打は)とっさにバットが出た

―一塁ベース上でこみ上げるものは。

 それはないですよ。それがないのが僕ですから。それがあると多分8年続けてやっていないでしょうね

――8年続いた。

 5年やった時に“8年がいるのかあ”と思ったが、結局そこに来てしまった。結果的に200安打する選手はいるけど、それを(最初から)具体的にイメージして達成できる選手は僕と(5年連続200安打のレンジャーズの)マイケル・ヤングしかいないと思う

――苦しいシーズンだったのでは。

 ずっと恐怖との闘いだった。何としても(記録達成を)外せない年だったので、ゼロ(安打)の段階から強く意識しなくてはいけなかった。できないかもしれないという恐怖は常にあった

――記録と向き合う上で難しさは。

 安打を欲しいという気持ちですよね。これが邪魔する。これは(04年262安打の)安打記録の時も同じようなことを感じていた

――迫り来るプレッシャーとの付き合い方は。

 起こるものは、僕は受け入れていくしかないと思っている、わき起こってくるものは、逃げられないと思っている

――チームの不振とも戦う必要があった。

 (秘けつは)クラブハウスから早く出て行くこと。マイナスの空気っていうのはどうしても皮膚から入ってくる。悪い方に流れることだけは絶対にしないという信念を持ってやっている。これまでよりも、もっと僕の世界をクラブハウスの中でつくり上げた

――キーラーがつくった107年ぶりの記録。100年に1人の男になった。

 男っていう表現は好きじゃない。僕の中ではそれは旅に近い。(100年に1人の)旅行って言いたくなる

――張本勲氏の日本記録(通算3085安打)超えまで16本だが。

(今年中に)やりたいし、やるつもり。11試合で16本でしょ。毎試合1本ずつ打っても5試合で2本が必要になる。簡単じゃないけど、十分可能性はある


恐怖を認める姿勢、プレッシャーを受け入れること、自分の世界をつくりあげること、一つ一つが勉強になります。
プロフェッショナルとは、期待通りの成果を再現し続けられることと表現されることがあります。
一打席、一スイングを意識し、なぜヒットになるのか?ならないのか?追求し続け、再現性の高さを身につける。
大変感銘を受けます。
posted by hayato at 14:38| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

SKY−sky mark airline

国内旅行を中心にシェアを伸ばしている航空会社があります。
魅力は、なんといっても値段の安さ。
北海道に行く際、利用したのですが、JAL利用の半分ほどの値段で行くことが出来ます。

以下、会社概要から抜粋です。

「運航便を羽田から札幌・福岡・神戸・沖縄と利用者の多い路線に集約することによって運航効率を上げ、適正な運賃を皆様に提供しております。また、機種を統一することで業務を単純化し、安全と低コストを両立させるべく励んでおります。」

選択と集中をすることでコストを上手く削減し、リーズナブルな旅を実現させてくれています。搭乗してユニークだと感じたことに、機内の飲み物を自分で買うことが挙げられます。新幹線のように、販売員が回ってきて買うことになります。また、自社に整備部門を待たず、外注をし、清掃は乗組員がやる等の試みも行うことで低価格の航空費につなげています。

個人的には、全く不自由を感じない快適な旅でした。
過度なサービスをせず、低価格に反映する試みが、航空会社の世界まで持ち込まれているところに面白さを感じます。

posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

相関関係

Lehmon Brothersの経営破たん、Merrill Lynchの救済合併、1.2年前までは、予想だにしなかった現実が起きています。

一度、はじまった大規模な負の連鎖はなかなか止まりません。
これほど大きなことが起こると、物事には、相関関係があることをまじまじと感じます。
一つの事象が、様々な事象に影響を与える、それがまた様々な事象に影響を与える。
自分の行為が、影響を与えるのは目に見えることではない、見えていない先にも変化を与えているという事実を再認識します。

posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

「さぁ才能に目覚めよう」  マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン

「さぁ才能に目覚めよう」 
マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン

「弱点に厳しい眼を向け、それを克服しようと努力することもときには必要だが、結局のところ、失敗を回避する助けにしかならず、すぐれた成果を収める助けにはならないということだ・・・強みを把握し、育てて、初めてすぐれた成果を収めることが出来るのである。」
「批判は、「何かを破壊したり、打破したり、屈服させたりするときには有益な力を持つが、何かを築こうとするときには害にしかならないと」と。」
p186


自らの強みを中心に据えて築く人生を行うために手助けをしてくれる本。
将来目指す目標のために足らないスキルを補うことに意識が向いてしまったことがあります。
弱みに捉われると、一つの弱みを補うとまた新しい弱みが見えてきます。いつもでも挑戦の準備は調いません。
自分に足らないものがあるならば、得意とする人に補ってもらえば良いのです。自分の強みを生かし、弱みは目立たぬよう助けてもらう。そう割り切ることでとても楽になります。


最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

親密性

親密性という資質は、あなたの人間関係に対する姿勢を説明します。 簡単に言えば、親密性という資質によって、あなたは既に知っている人々とより深い関係を結ぶ方向に引き寄せられます。あなたは必ずしも未知の人たちと出会うことを避けているわけではありません――事実、知らない人と友人になるスリルを楽しむような他の資質を、あなたは持っているかもしれないのです――しかし、あなたは親しい友人のそばにいてこそ、大きな喜びと力を得るのです。あなたは親密であることに心地よさを感じます。一旦最初の関係ができあがると、あなたは積極的にその関係をさらに深めようとします。あなたは彼らの感情、目標、不安、夢を深く理解したいと思っています。そして、彼らにもあなたを深く理解してもらいたいと願っています。あなたは、このような親密さがある程度の危険性を含んでいることを知っています――あなたは利用されるかもしれないのです――しかし、あなたはその危険性を解かった上で受け入れます。あなたにとって人間関係は、それが本物である時のみ価値を持ちます。そして、それが本物であるかどうかを知る唯一の方法は、相手に身を委ねることです。互いの気持ちを共有すればする程、お互いの危険性も大きくなります。お互いの危険性が大きくなればなる程、自分たちの意思が本物であることを、よりはっきりと証明できるのです。これらが真の友情を築き上げるための一つひとつのステップであり、あなたはそのステップを喜んで進んで行きます。

ポジティブ

あなたは人をよく誉め、すぐに微笑みかけ、どんな状況においても常にポジティブな面を探します。あなたのことを陽気と言う人もいます。あなたのように楽天的になりたいと思う人もいます。しかし、いずれにしても、人々はあなたの周りにいたいと思います。あなたの熱意は人に伝染するので、あなたの近くにいると彼らには世界がより良いもののように見えてくるのです。あなたの活力と楽天性がないと、人は、自分の毎日は同じ事の繰り返しばかりで単調であるとか、最悪の場合、プレッシャーを重く感じてしまいます。あなたは、彼らの気持ちを明るくする方法を必ず見つけます。あなたはどんなプロジェクトにも情熱を吹き込みます。あなたはどんな進歩も祝福します。あなたはどんなことでも、よりエキサイティングで、より生き生きとしたものにする方法をたくさん考え出します。一部の懐疑的な人たちは、あなたの活発さを否定するかもしれませんが、あなたはめったにそれに引きずられることはありません。あなたの積極性がそれを許さないのです。あなたは、生きていることは素晴らしいという信念、仕事は楽しいものにできるという信念、どのような障害があろうと人は決してユーモアの精神を失ってはならないという信念から、どうしても逃れられないのです。

着想

あなたは着想に魅力を感じます。では、着想とは何でしょうか? 着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想すべてが大好きです。なぜなら、それらは深い意味があるからです。なぜなら、それらは目新しいからです。それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。これらすべての理由で、あなたは新しい着想が生まれるたびに、エネルギーが電流のように走ります。他の人たちはあなたのことを、創造的とか独創的とか、あるいは概念的とか、知的とさえ名付けるかもしれません。おそらく、どれもあてはまるかもしれません。どれもあてはまらないかもしれません。確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。そしてほとんど毎日そうであれば、あなたは幸せなのです。

責任感

あなたは責任感という資質により、自分がやると言ったことに対しては何でもやり遂げようという強い気持ちを持ちます。それが大きかろうと小さかろうと、あなたは完了するまでそれをやり遂げることに心理的に拘束されます。あなたの良い評判はそこから来ています。もし何かの理由であなたが約束を果たせない時、あなたは相手に対してそれを何らかの形で埋め合わせる方法を無意識に探し始めます。謝罪では十分でありません。言い訳や正当化は問題外です。あなたは埋め合わせが終るまで、生きた心地がしません。このような良心、物事を正しく行うことに対する強迫観念に近い考え、非の打ち所がない倫理観、これらがすべてあいまって「絶対的に信頼できる」という高い評判を生み出すのです。人が新しい責任を誰かに任せる時、まずあなたに目を向けるでしょう。あなたがその責任を必ず果たすことを知っているからです。人々があなたに助けを求めてくるとき――すぐにそうなるでしょうが――あなたは選ぶ目を持たなければなりません。進んで事に当たろうとするあまり、できる範囲以上に仕事を引受けてしまう場合もあるからです。



posted by hayato at 21:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

Google Chrome

googleのブラウザのChromeが恐ろしくはやい。

リリース後から即利用しているのですが、知らない間にIEからとって変わって使ようになりました。

IEでも特に不便を感じていなかったのですが、Chromeを使い出してから利用すると遅く感じてしまいます。
日常の慣れとは不思議なものであり怖いものです。慣れることにより、不便さを感じなくなってしまいます。
慣れ、習慣化の中にこそ、あえて疑問を持つことの大切さを改めて感じます。

それにしてもgoogleは面白いですね。最近はいろいろ言われていますが、先日のストリートビューしかりChromeと素晴らしいサービスをリリースしてくれています。

Chrome
http://www.google.com/chrome/?hl=ja&utm_source=ja-wh





posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

H&M

スウェーデン発のファストファッションブランドH&Mの銀座店がOPENしました。

低価格かつハイセンスの商品を提供し続けるH&M、ヨーロッパの勢いのまま日本に乗り込んできました。
日本上陸に当たって「コムデギャルソン」の川久保玲さんとのコラボはファッション業界の注目を集めています。

日本のユニクロ、アメリカのGAP、スペインのZARA、この勢力図を変化させるのでしょうか?
注目して見ていこうと思います。

2007年度の売上高(付加価値税を含む)は前年比15%増の約921億ウェーデンクローナ(約1兆4940億円 ※2008年9月7日時点のレート1SEK=16.2円で換算)時価総額は約4兆1000億円。

「H&Mの最大の強みは、最新ファッションを素早く低価格で提供すること。ユニクロやZARAと同じSPA型ではあるが、多品種少量生産で商品サイクルの早いZARAと、大量生産でコストパフォーマンスを追求するユニクロの特徴をあわせ持つともいえる。この独自のビジネスモデルを支えているのが、“インスピレーショントリップ”だ。
コレクションは約1年前から企画される。ストックホルムの本社には約100名のデザイナーと60名のパタンナー、約100名のバイヤーが在籍。3人1組で“インスピレーショントリップ”といわれる市場調査を行い、世界中の最新情報に基づいて、シーズンテーマとデザインを決めていく。
商品構成や生産数量を具体的に決めるのは、デザイナー、パタンナー、バイヤーを中心としたコンセプトチームだ。生産は、自社工場ではなく、欧州とアジアを中心に世界中にある約800の契約工場に委託。工場への発注から納品までの期間は生産数量の少ないトレンド商品なら約2〜3週間と、短期間で商品化する生産体制を確立している。
また、店頭で売れた商品は翌日朝、物流センターから新商品とともに入荷される仕組みになっている。これによって売り逃がしがないうえ、常に店頭の売れ行きやトレンドの変化に応じて品揃えを調整しているので売り場はいつも新鮮だ。基本的な品揃えは世界共通だが、各店舗の商圏特性や前シーズンの売れ筋などによって品揃えは若干変えているという。」

日経トレンディネット参照
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20080905/1018421/?P=1
H&M
http://www.hm.com/jp/
posted by hayato at 00:00| Comment(2) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

一人称で語る勇気

自分の考えを述べる時、「○○も言っているが」「みんな言っているが」「僕等は」と、一人称で語らないことがあります。
説得力の強化ともいえるでしょう。一方、自分の考えを否定されるのが怖いのかもしれません。

どちらの前提を持ったとしても、語られる言葉は同じです。自分の意見を伝えたいがために補足することはあるでしょう。しかし、その時、否定されるのは怖いから利用しているのかどうかを考えることはとても重要なことだと思います。
怖いと感じ時は、あえて一人称で語ることで見えるものがあるかもしれません。







posted by hayato at 00:00| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

MAKE IT 21

本日は、MAKE IT 21の講演を友人に誘われ聞きにいきました。
藤巻ジャパンの藤巻さん、ジョヤンテの川崎さんをゲストにショーンKさんのファシリテートのもとスタートしました。
いくつか心に刺さった言葉があります。

「コミュニケーション能力がある人はパワーが溢れている。」
「人脈を作るのにメリット、デメリットで考えるのではない。好きか嫌いかではないのか。」
「過去、「御用聞き」を日本は行っていたが、それこそマーケティングではないのか。現在、CRMと称されているが、日本にはすでにあった。」
「シリコンバレーのアメリカの500社の有望企業の内、ばりばりに固めた事業計画書をつくった企業は5%である。41%の企業はコースターからはじまった。」
「アニマルスピリッツがビジネスを動かす。」

コミュニケーションというテーマの元、日本の過去や、現状、アメリカの事例を交えながら有意義なディスカッションが行われました。
コミュニケーションと体から充ち溢れるエネルギーの関係性、日本が本来持つ良さを再度見直すことの大切さ、自身の考えていたこととのつながりを感じます。
「アニマルスピリッツ」覚悟を決めたものの発言と、決め切れないものの発言では動かせる人の幅も変わってきます。そのことを再認識しました。

最後に、コミュニケーションの5つのポイントを

1. お互いを認め合い、褒めあう
2. さらけ出す、自我を投げ合う
3. 言葉の「意味」を確かめ合う
4. リーダーシップ、フォロワーシップ
5. 信頼を築いてから気持ちを伝えるコミュニケーションを

MAKE IT 21blog
https://www.j-wave.co.jp/blog/makeit/



posted by hayato at 19:32| Comment(0) | 雑記・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。